【iPad活用術】iPadでできること10選+α【先生必見】

教員の皆さんは、iPad にどんな印象をもっていますか?

・iPhoneの大きい版?
・所詮パソコンの方が使える
・便利そうだけど難しそう
・持っているけどいまいち使い方がわからない
・今まで通りの教科書、黒板スタイルだけで十分だから必要ない
・若い層で持っている人多いなあ

と、色々と感じていることはあるかと思います。


そこで今回は、

・教員がiPadを持って何ができるの?
・iPadを手に入れたけどどう使いこなせばいいかわからない。

iPad でできることは無限大
iPad を生かすも殺すもあなた次第。


iPadでできることは、

創造力×発想力×行動力でいくらでも幅が広がります。

その中でも今回は、教員の仕事、授業に関わって使い方を10選+αご紹介いたします!






iPad 歴8年目になるボクが、今まで使ってきてわかった基本的な性能と、教員になってからどう教育に活用できるか考えまくって、実践しまくってきたことでわかった+αの活用方法を惜しみなく書いています!


ボクが同僚の先生(中堅世代)に勧めたところ、 iPad の良さを理解して購入していただけました!

これまで一緒に活用方法を考え、たくさんの実践をしたことで、仕事の効率・教育の質が確実に上がったことを共に実感しています。





この記事を読んだ教員の皆さんなら、今後 iPad を活用した授業、学級経営を展開し、仕事効率が大幅に向上すること間違いなしです♪

まだ iPadを持っていないという方も、きっと欲しくなるはず!




ぜひ最後まで目を通してみてください!


教員がiPadを持つことでできることはこれだ!

まずは iPad の基本的な性能でできること10選をお教えします!

1.カメラ
2.メモ
3.カレンダー
4.To Do リスト
5.ファイル管理
6.時計、タイマー
7.電卓
8.プレゼンテーション
9.録音
10.動画編集


これはiPadを持っていれば、誰でも簡単に使える機能です。
一つ一つ詳細やiPhoneとの違いをまとめていきます。

1.カメラ

台に固定して書画カメラとして使えます!

教科書や子どものノート、プリントなど様々なものをカメラでテレビに映すことで、

「今どこを見ているのか」
「どのように書けばいいのか」

がひと目で分かります。

最大限にこの機能を生かすためにおすすめなのは、100円均一ショップに売っている台(ミニラック)。

これがあれば、教室の一部をカメラスペースとすることができ、必要な時にそのスペースで教材を提示しながら授業を進めることが出来ます。
(多少足が映ってしまうこともありますが・・・)

書画カメラが教室に配置されていない方はぜひiPadを活用してみてください。

また、書画カメラが配置されている担任の先生もiPadをカメラとして使う有用性はあります!

それは、

持ち運びが可能

であるということです♪


多くの書画カメラはコンセントにつながっていて、書画カメラを置いている近くに机や台を置いて、教材を提示しなければいけません。

しかしiPadであれば、教室のどこでも、学校のどこでも撮影可能です!

教室の子どものちょっとしたノートの使い方をカシャリ
広い理科室での実験の様子をカシャリ

わざわざカメラスペースに来てもらって撮る必要がないため、手軽にICT教育に取り組むことができます!

もちろんカメラによる静止画だけでなく、動画もテレビに映すことができるので、コンパスや彫刻刀など扱いが難しい道具の使い方を超至近距離からの映像で説明することが出来ます。


もし、よりカメラ機能を有効活用したい方は、三脚固定ホルダーをおすすめします!
学校で余っている三脚に、固定ホルダーを装着すると持って撮るのと似たような画角で撮ることができます!体育や活動などで大活躍♪

2.メモ

朝の打ち合わせや会議で、子どもに伝えることが多く共有されると思います。

そんな時はメモ機能を活用しましょう♪


ペンと付箋を持っていちいち書いてもいいのですが、その付箋を無くしてしまったり、変更があった時に書き換えるのが大変であったりと弊害も多いです…。

文字入力でもApple Pencil を使った入力でも自分のスタイル、その時の状況に応じてメモの仕方を選択することが出来ます。

iPadであればHDMIケーブルを挿してテレビに映すこともでき、煩雑な情報を伝えたり、耳で聞くのが苦手な子にわかりやすく情報を伝えたりすることが可能になります!


3.カレンダー

教員であれば、行事や研修、外部講師による出張授業、指導主事訪問と把握しておかなければいけない情報は多いはずです。

そんなスケジュールを整理、管理できるのがiPad!

やはり画面が大きいiPadは見やすく操作がしやすい。




紙のスケジュール帳は1度書いたものは消しゴムを使わなければいけない、または消すことができないですが、iPadで記入したものであれば、どんな色の文字でも簡単に移動したり消したりの編集ができます。

iphoneと連携させることで、即効性に優れるiphoneで記録し、見やすさで優れるiPadで編集、閲覧ができるとかなり便利に感じます!




4. To Doリスト

様々な種類の仕事を数多くこなす教員。
その日にやりたいことや、今週、今月でやることなど全て覚えておくのは不可能です。

付箋に書いておく方もいますが、無くしてしまうと何をする予定であったか分からなくなってしまい困ります。


また、せっかく書いていても、付箋を見るのを忘れて約束の時間が過ぎてしまうなんてことも…


iPadでToDoリストを作成すればそんな心配はありません!

便利な通知機能があるからです♪

約束の時間を通知してくれるのはもちろん、変更があったら簡単に直すこともできます。



また、色分けができたり、カテゴリ別に仕分けたりもできるため、見やすさ、管理のしやすさとアナログよりも良いところが沢山あります!





ファイル管理

PDFファイルやOfficeのデータファイル、音楽や動画と様々な情報(データ)を扱うことがありますよね。

職場から支給されるPCで管理するのと同じように、iPadでもファイル管理が出来るようになりました♪

特に音楽や動画のデータは、iPadであらば簡単に持ち運びしつつ、動画をテレビに映したり、音楽をラジカセやスピーカーで流したりと出来るようになります!

Officeデータは、簡単な修正であればiPadでも手軽できるため、ほぼノートパソコンと同じように扱うことが出来ます!


ハブがあれば、USBを介していつでもデータ移行が可能に!

写真やデータを管理しつつ、PCや同僚のiPad等と連携できるのはかなりの強みです♪

タイマー

授業中にタイマーを使って、問題演習の時間や話し合いの時間を計ることありますよね?


黒板に貼っているマグネット式の小さいタイマーを使う方が多いかと思いますが、あの小ささでは前のほうに座っている子どもにしか残り時間が見えません。



一概には言えませんが、子どもは残り時間が視覚的にわかったほうが、見通しをもって活動することができるため、学級全体で残り時間が共有できたほうが良いと考えています。


そのため、iPadのタイマー機能を使い、テレビに映して残り時間を共有します。



これを見て子ども達は、自分でペースを考えることができ、見通しをもった活動することができます。

操作も簡単!
右上からスライドしてコントロールセンターを開き、タイマーボタンを長押し!

すると、右画像のようなメモリがでるので、お好みの時間に合わせてスライドして「開始」ボタンを押すだけ!

一瞬でタイマーをスタートさせることができます♪

プレゼンテーション

授業や特別活動で視覚化させて説明したい時によく使いますね。

PCではPower Point というOfficeソフトがありますが、iPadにも似たようなアプリがあり、プレゼンテーションを簡単に行うことができます。

そのアプリの名前は『Keynote』です。



iPad を購入したら最初から入っているアプリで、使い方もPower Point を使ったことがある方であれば、簡単に使いこなすことができ、性能も文句はなく使える程度です!


子どもに使い方を教えれば、調べ学習のプレゼンテーションとして活用することもできます!



詳しい使い方は別記事にて紹介しますが、かなり自由にやりたいことができるのでおすすめです♪

録音

自分の授業の振り返りや、音楽や学芸会で客観的な振り返りに活用できます。


子どもに使い方を覚えてもらえれば、子ども達で録音しながら、演奏や合唱の練習をしたり、班での話し合いしたりすることができます。

教員が指導することなく、子ども達だけで作り上げることができるのです♪



客観的に自分の声や歌、話し合いを振り返ることで、自分で課題を見つけ、自ら直そうという主体的な態度も育てることができます。




また、少し抵抗はあるかと思いますが、自分の授業をぜひ録音してみてください。


最初の数回は吐き気がするかと思いますが、客観的に自分の授業を聞くことで、改善点が凄まじくわかります。




動画編集

授業や行事の振り返りとして、動画をつくって子どもに見せる先生は多いかと思います。


子どもの動画や写真をうまく活用して、楽しいものや、感動するものを作りたい!
けれど、仕事用PCに動画編集ソフトをインストールするわけにもいかない・・・。

編集も結構大変・・・。



ですよね?



iPad で動画編集をすると驚くほど簡単に、早く動画を作ることができます♪

操作性や音楽の挿入がとても楽になるのです!

そして時間のない教員におすすめなのが、「写真」でスライドショーを作る。です!


特に設定や技術も必要なく一瞬で作ることができます♪



wi-fi環境があればさらに広がる

ここまでの10のできることは、実は「wi-fi環境」がなくてもすぐにできる基本的な使い方でした。

iPad にはまだまだできることが沢山あります。



しかし、それには「wi-fi」が必要です。

学校のwi-fiに接続するのは中々難しいと思うので、自宅の固定wi-fiで接続して、作業を行っておくか、ポケットwi-fi、スマホのテザリングを学校で利用してその場で作業をするか。


になるかと思います。

セルラー版の iPad であれば、「wi-fi環境」を気にせずにどこでも作業できますが・・・。



「wi-fi」「セルラー」の詳しい解説はこの記事をご覧ください→iPad購入解説




ここでは、以下の使い方について解説していきます。

1.インターネット
2.動画教材
3.アプリケーション

それではどうぞ♪

1.インターネット

教員が学校で調べ物をする機会は多いはず・・・!

・教材研究中に学習単元での教え方、進め方に悩んだ時
・子どものちょっとした質問に答えられなかった時
・授業中児童の発言を拾って、即座にインターネットで調べて、それを視覚的に共有したい時。

これはボクが実際にインターネットを使ったときの例ですが、もっと色々なシチュエーションでインターネットの力を借りたくなる時があるかと思います。

こんな時にインターネットがすぐに使えると便利で、数多くのネット界にある情報が「検索」するだけで一瞬で知ることができてしまいますからね♪



子ども達は基本的なインターネットの操作方法は家庭で既に学んでいます。


使い方で気をつけるべきことは指導しつつ、どんどん子どもに使用させ、「主体的に学ぶ」力、自分で調べて学ぼうとする力を伸ばしていけたらいいのではないかなと考えています。

2.動画教材

「百聞は一見にしかず」といわれる通り、教師の言葉で説明するだけの授業よりも、活動があったり、動画等で視覚的に情報を取り入れたりする方が効果的に学力が向上することが科学的にも証明されています。

さすがに自分で動画教材を作成することは難しいかと思います・・・。



そこで!!!ネットに存在するたくさんの教育動画を使わせてもらいましょう♪


事前に動画をダウンロードして保存しておかない限り、動画視聴には「インターネット環境」が必要となります。




「YouTube」「NHK for School」の2つだけでもかなりの数があるのでおすすめです♪

3.アプリケーション

iOSと言えば「アプリケーション」と言いたくなるほど沢山のアプリが存在しますね♪



その中には、教育で活用できるものも多くあります。




特に活用できるものは別記事で紹介しますが、アプリのインストールには「ネット環境」が必要です。



また、使用にも「ネット環境」が必要になるアプリもいくつかありますので、事前に準備しておくことが大切になってきます!

  


無限に存在するアプリですが、先ほどあげた基本的な活用方法10選と似た機能をもつ便利アプリを紹介します♪


他のものに関しては、別記事にて紹介していますので、ぜひご覧ください!


基本機能の効果を増幅させる便利アプリ

順番は特に関係ありません!

どれも便利なアプリなのでぜひご覧ください♪

1.ToDoリスト 「Torello」

iphoneや同僚と同じアカウントを共有すると超絶最強のToDoリストになります!

もちろん共有しなくても、シンプルな見た目と操作性で既存アプリよりはるかに楽にやることを管理できます♪

詳しい使い方はこちら

2.ファイル管理 「Documents」

既存アプリの「ファイル」と相性がよく、ボクも高い頻度で使用しています!

icloud、Apple id をiPadとiphoneで同じにしていない方には特におすすめで、このアプリを介して簡単にデータのやり取りができます♪

また、職員室に「wi-fi環境」があり、接続できるのであれば、より簡単に同期、データ移動ができるのでおすすめです!


このアプリ単体でも「音楽」や「動画」を保存し、そのまま開いて見ることが可能なので利便性抜群です♪


「Documents」に関してはこちら

3.動画編集 「VLLO」

動画編集には、既存の「i Mobie」を使う方も多いかとは思いますが、よりシンプルでわかりやすいアプリがこちらの「VLLO」です^^

使い方を調べなくても編集できてしまう簡単さが素晴らしいです♪

また、無料版でもいくつか音源があり、1分でかっこよく動画編集ができてしまうので、「i Mobie」が難しかいという方にはこちらをおすすめします!

4.カメラ 「Microsoft Pix」

既存のカメラでも十分なのですが、シャッター音が気になるときありますよね?

そんなときに便利なのが、無音でシャッターをきれるこのアプリ!


簡単な設定ですぐに無音カメラとして使えるのでおすすめです♪

詳細はこちら

5.カレンダー 「Google カレンダー」

アカウントを共有することで真価を発揮!

カラフルで、そしてシンプルで!見やすくわかりやすく無駄を排除しつつも、欲しい機能はついている完璧なカレンダーアプリです♪

とにかく1度使ってみてほしいです!


仕事だけではなく、プライベートとしても使いやすく誰にでもおすすめできます!

6.メモ 「Good Notes 5」

教員でiPadを持っているのであれば絶対に入れるべき神アプリです。



デジタル教科書
ノート
会議・打ち合わせ
書類管理

などなど多様な用途に使えて、授業、会議、授業作り、行事などなどどんな場面でも活用できます!

ボクは実際にこのアプリ一つでほとんどの仕事を管理し、授業で活用しています♪

詳しい使い方はこちらをどうぞ!




まとめ

基本的な使い方10選に加え、「wi-fi環境」での使い道とおすすめしたいアプリについて紹介しました!

1.カメラ
2.メモ
3.カレンダー
4.To Do リスト
5.ファイル管理
6.時計、タイマー
7.電卓
8.プレゼンテーション
9.録音
10.動画編集

初期設定でもこれだけのことができるiPadです!
アプリを組み合わせるとできることはもう無限大!

教員がiPadを持つことでできることが少しでもわかっていただけたなら嬉しいです♪

これを機会にまだiPadをもっていない方はぜひiPadの購入を考えてみてください!



こちらに購入について詳しく記載しています!




また、既にもっている方はどんどんiPadを活用してください!


twitterでも情報発信をしていますので、ぜひフォローしてもらって、iPadに関すること、教育に関することを情報交換ができたらいいなと思っています^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました