【iPad教育術】先生におすすめしたいiPadアプリ厳選5選!~タスク編~【仕事効率化】

iPadのアプリ多すぎてわかんない・・・

昨今の教育業界では、ICT教育のために多くのタブレットが学校に導入されたり、個人でタブレット機器を持つことが多くなっているかと思います。


そして、いまやネットの世界には、たくさんのアプリが存在していますので、教育現場で働く人たちが事務仕事や授業で使えるアプリをピンポイントで探すのはかなり困難かと思います。

そこで、ボクがいつも利用している便利アプリを5つ!紹介したいと思います!

Good Notes 5
Adobe Scan
Microsoft Pix
Trello
Google
フォト

 

 使う頻度が高い順で記載しています。それではどうぞっ!




Good Notes 5

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2.png です
GoodNotes 5

GoodNotes 5

¥980posted withアプリーチ

はい、圧倒的にこのアプリがおすすめです。

教師として働いていて、何をするにしてもこのアプリが活躍してくれます。


980円の有料アプリではありますが、この値段を優に上回る性能っぷりを見せてくれます。どのような用途で活用しているか紹介してていきます。

 

紙の削減:身の回りの紙が80%程度減ります。いちいちあの資料どこにいったっけと探す手間もなくなります。
提出の必要な紙以外のほとんどがこのアプリで一括管理することができるので、この機能だけでも980円の価値ありです。

 

ノート:アプリを開いてワンタッチでメモを取ることができます。また、書いたメモをノートのようにまとめることも、カテゴリごとで整理することも可能です。
これは紙のノートではできないことです。
また、資料やプリントを取り込んで、書き込むことも可能なので、いよいよ紙で持っておく必要性がなくなります。

 

デジタル教科書:教師であれば必ず必要になってくる教科書。
実はこれをデジタル化して、このアプリ1つにおさめることができるのです。小学校全教科を教えている教師であれば、副読本や地図帳などあわせると20冊程度管理しているかと思います。それがすべてこのアプリに収まるのです。
そして、ノート機能を使えば、教科書に蛍光ペンでラインを引いたり、図や表、絵をスクリーンショットすることで、綺麗な画像として保存することもできます。テレビで映せば子どもたちの視線も集まり、授業を進める上でも必ず役にたつ使い方となるでしょう。

 

会議/研修:時代や実態に応じて学び続ける必要がある教師にとって、研修に活用できるのはとても助かります。校内でも校外でも研修となれば、いくつかの資料を見たり、話を聞いたり、ディスカッションをしたりという作業が生まれてくると思います。
Good Notes を使えば、その場で資料をpdf 化し、ノートの1部として保存することができます。随時ペンの色や種類を変えながら、研修を受けることができます。教師の日課である打ち合わせ、会議にも同じように活用することができ、教師の仕事の大部分をカバーしてくれるのではないかと思います。

  

学習指導案:これまた教師であれば必要となってくるものですね。これはノート機能とデジタル教科書、勉強資料をうまく使うことで、簡単に作成することができます。
Good Notes の優れている点のひとつとして、Tab機能があります。同時にいくつものページを開くことができるため、デジタル教科書や学習指導要領を見つつ、ノートに授業案を書いていくことができるのです。
また、ペンの種類や色を変えたり、図形も簡単に書き入れることが可能なので、いつでもどこでも授業作りができるようになります。

 

 

とGood Notes は様々な場面で活用できます。

こちらの記事にもっと詳しく使い方が載っています♪



さて、Good Notes では身の回りの紙や資料、教科書のデジタル化が必須となります。

なので、このデジタル化(pdf 化)と相性がいいスキャンアプリを続けて紹介していきます。





Adobe Scan

「adobe scan」の画像検索結果
Adobe Scan: OCR 付 PDF スキャンカメラ

Adobe Scan: OCR 付 PDF スキャンカメラ

無料posted withアプリーチ

スキャンアプリはAdobe Scan 一択ですね。

他のスキャンアプリもいくつか試しましたが、Good Notes との相互性であったり、操作性滑らかさなど抜群によいです。


撮影ボタンを押さずとも自動で文書を認識し撮影してくれる自動キャプチャ機能が搭載されています。


また、既に撮影している画像を選択してpdf 化することもできますし、名刺やホワイトボードなどの紙文書以外のものも綺麗にスキャンしてくれます。


 

スキャンした後の編集画面もシンプルでわかりやすく、並び替えや切り抜きはもちろん。クリーンアップという作業で余計な影や光を部分的に削除することもできます。



何枚もスキャンした時に優秀なのが、一括色編集です。
元のカラー、自動補正カラー、白黒、ホワイトボード基調の4種類のボタンどれかを選んで、押すだけで、全ての画像が一括で変更されます。

 

スキャン後のラグも少なく、すぐにpdf 化してGood Notes へコピーすることができるので、愛用しています。

 

 

 

Microsoft Pix

「microsoft pix」の画像検索結果
Microsoft Pix カメラ

Microsoft Pix カメラ

無料posted withアプリーチ

こちらはカメラアプリになります。

ただのカメラアプリではありません。
広告なし、シンプルな操作性の無音カメラとして使うことができるのです。

他の無音カメラアプリをいくつも試しましたが、結局これに落ち着きました。

 

先ほどのAdobe Scan を会議資料の撮影に使いたいと思ったとき、会議中にシャッター音を鳴らすのはまずい・・・。
と結局紙文書にメモ書きをするといったことはありませんか?




このアプリがあれば、会議中でもササッと無音で画像保存し、Adobe Scanと連携してpdf 化することができます。


 

また、授業参観や研修中にカメラを使いたいということもあるかと思います。

そんな時にシャッター音を鳴らして撮影するのも気が引けますよね・・・。

なにより、せっかく集中している子どもたちの気を散らしてしまいます。

 

 

様々な場面で活用できるカメラアプリとしてこのアプリをオススメします。

 

 

さあ、次はタスク管理です。


Trello

「trello」の画像検索結果
Trello

Trello

無料posted withアプリーチ


このアプリもかなりの頻度で使用します。
タスク管理がとても簡単に、わかりやすく行えます。なにより操作性

忙しく、時間のない中でここまでスムーズに操作できるのがお気に入りです。



 

教員の仕事はかなり多様で複雑ですよね?
授業作り、学級経営、生徒指導の他に、学校事務、学年でやること、家庭への連絡、プリント作りなどなど、本当に沢山のお仕事があります。



これらの仕事を頼まれたり、考えついた時に順次解決していくというのは、よっぽど優秀な方でなければできません。

 


明日の授業のためにプリントを作成していたのに、他の先生に頼みごとをされたり、学校に電話がかかってきたり、会議が入ったりして、やろうとしていたことを忘れてしまうなんてしょっちゅうです。



このアプリの細かい使い方はこちらを参考にしてください。



今回は簡単におすすめポイントを説明します。

 

 

このアプリには、
・グループ分け
・移動・チェック
・同期


など様々な機能が備わっています。

まずはグループ分け。教員の仕事をカテゴリ別に分けてタスク管理を行えます。学級、学年、分掌、部活などなど、カテゴリ別で仕事を管理することで、格段にわかりやすくなります。

 

終わった仕事の移動・チェックドラッグ&ドロップするだけの簡単な作業で行えます。

 

最後に同期機能です。アカウントを作成し、別端末で同アカウントにログインすることで、それぞれの端末で行った作業が同期され、どの端末でも同じタスク状況を把握することができます。

 

1人でいくつかの端末でログインしてもよいですし、数名の先生方でアカウントを共有し、学年や分掌でのタスク管理を共有することができます。



これを使えば、ノートパソコンや机周りに付箋のメモが無くなることでしょう。


 

Google フォト

「google fot」の画像検索結果
Google フォト

Google フォト

無料posted withアプリーチ

Googleさんいつもお世話になっています!

タブレットを持ってからこのような共有アプリの偉大さに気づきました。

 

教師の皆さんならわかると思いますが、児童生徒の写真を撮るという機会は多いはずです。
学級通信や評価に多く利用するからです。



しかし、新しくタブレットを学校から支給された、購入した。
からといって、常に持ち歩き、子どもの姿を写真におさめるのは中々苦労しませんか?


いくらタブレットが軽く、高画質といっても、それなりの大きさはあるため、常に持ち歩くのには抵抗があるかと思います。


そんな時、手持ちの携帯・スマホで撮影することもあるかと思うのですが、そこで活躍するのがこの
アプリです。

 


なんとアカウントを設定し、ログインするだけで、常に同じ写真フォルダをタブレットと共有することができます。

 


携帯・スマホで撮影した写真をいちいちタブレットに移す必要がなくなるのです。


そしてなんと、フォルダのメモリ数がかなりの大容量! 
15Gもあります!

基本的な画質、画素数の写真であれば、約15000枚もの写真を保存することができます!

 

アルバム機能やアニメーション機能も無料搭載しており、授業にも活躍できそうなアプリとなっています。

 

 

 


 


さて、今回は5つのアプリを紹介しましたがいかがでしたか?

アプリは今や無限に存在します。そんな中から活用できるアプリを探すのは一苦労です・・・。

ぜひ、今回紹介したアプリを活用して、学校現場での仕事に役立てていただければなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました