【仕事効率化】PCショートカットの使用率ランキング&使い道や覚え方を一挙公開!【PCスキル】

ショートカットキーって必要?

仕事を効率化し、すばやくPC業務をこなすためにも絶対に覚えておくべきものだと思います。

ExcelやWordで作業をしていて、印刷したいとき…。

マウスを使ってファイル→印刷→印刷ボタン と3回クリックし7,8秒近くかかるところ、

ショートカットキーを活用すれば、Ctrl+P→Ent と1秒で済みます♪

ほんの数秒の差ですが、積み重なることでとてつもなく大きな差になるのは皆さんもわかっているはず。

このサイトにたどり着いたということは、少なからずショートカットキーを覚えて、仕事を効率的に、時短したい!と考えている方々だと思います。

今回紹介する全てでなくとも、いくつか覚えて使いこなせるようになっていただければ嬉しいです♪


実はTwiiterでこんなことが…

先日こんなツイートをしました。

しかし、4月に入り、新年度の準備やコロナ対策会議、授業作りに追われ、中々発信することができずにいました…。(すみません)

そこで30RTには届きませんでしたが、遅れてしまったお詫びも兼ねて、普段ボクがよく使うショートカットのランキング30位までを一挙大公開します!!

ショートカットキーの紹介に加え、組み合わせを覚えるための語呂合わせや使い道等も紹介するので最後までご覧ください!





まずは王道の1位~10位!

ショートカットを使ったことがない方はこのへんからいくつか覚えられるといいですね♪

1位~10位

1位 Ctrl+S 上書き保存

圧倒的にこのショートカットを使います♪

書類やデータの変更、更新は毎日しているかと思います。手軽に上書き保存ができれば、突然のアプリ落ち等によるデータ消失も心配ありませんね!

Excel 上書き保存はショートカットキーでやると一度の操作でおわる ...

たまに左上の『ファイル』を押して、さらに『上書き保存』を押している方がいます・・・。

せめて↓の上書き保存ボタンを覚えてください!

上書き保存のショートカットキー-Ctrl+S:Office(オフィス)の使い方

そして、できるならば使用頻度がとても高いショートカットですので、覚えてしまいましょう♪


覚え方としては、Save の 「S」です!

2位 Ctrl+Z 元に戻す

どんな人でもPC作業をしていて、打ち間違えや操作ミスがありますよね?

そんな時にいちいちマウスで↓の「元に戻す」ボタンを押していては非効率です!

操作を元に戻す、やり直す、繰り返す - Office サポート

元に戻すZE!!の 「Z」 と覚えてください…(笑)

3位 Ctrl+C コピー

これが有名度No1なのではないでしょうか?

現状まだこのショートカットを使っていない方が多く見受けられるので(ボクの周りには…)

まずはこれだけでも使えるようになれるといいですね♪

4位のペーストとセットで使えるようになれば、5秒は縮まります!

覚え方は簡単!Copyの「C」で覚えましょう。

4位 Ctrl+V ペースト

コピーを覚えたら次はこれ!

セットで使えば作業効率があがるあがる!単純作業が今までとは比べ物にならないほど速くこなせることでしょう♪

ベタッ!と貼り付けの「V」で覚えましょう♪(いいのが思いつきませんでした…)

5位 Ctrl+P 印刷

まだまだ紙の文化が残っている学校ですので、印刷の機会は多いですよね。

Ctrl+P、Entと連続で使うだけで5秒は短くできるのでぜひ使いましょう♪

Printの「P」なので覚えやすいですね!

6位 Ctrl+X 切り取り

コピーとはまた違った形で使うことがあります!

ボクは行とか列の入れ替えでよく使うかなぁっていう感じです♪

ハサミの形の「X」をイメージして覚えましょう!

7位 Ctrl+A 全選択

全体のフォントやサイズ、消去等々一括して変更をしたい時にとても便利です!

表やコメントであれば、全体のうちの一部分だけ全選択することができるので、学級通信の中の1つの枠内だけまとめて変更するといった使い方が多いです♪

エクセルは、0.3秒でデータを「全選択」できる | 神速Excel ...

Allの「A」と覚えましょう!

8位 Ctrl+B 太字

学級通信等で使う機会は意外と多いです!

太字にしたい文字を選択してこのショートカットキーを使うと簡単に変更することができます!

覚え方はBoldの「B」です!

9位 F2   文字入力

これは[Office]でもファイルの名前変更でもめちゃくちゃ使えます!

ファイルを選択して「F2」を押すと、いきなり名前変更ができる状態になります♪

また、Excelであればセルを選択して「F2」を押すと、セル内に文字入力ができるようになります!!

10位 Shift+↑→↓← 選択

いちいちマウスを使って文字を選択するよりもはるかに楽に選択することができます。

1行の半分以上の範囲を選択する場合は11位のショートカットを使えるとよいですが、2,3単語の少ない範囲を選択する場合はこのショートカットが大活躍します!

(8位)Ctrl+Bや(3位)Ctrl+Cと併用するとPC業務が獏側で進みます♪

ぜひ使えるように練習してみてください!













さあ!10位まで解説をしてみましたが、知っているショートカットキーはありましたでしょうか?

ここからはあまり知られていないものも出てくるかと思いますので、自分の仕事環境においてつかえるかどうか考えてみてください♪

11位~20位

11位 Ctrl+Shift+↑→↓← 広範囲選択

10位の”範囲選択”が1文字ずつに対して、こちらは1行ずつ~全体を選択することができます。

1行選択してからCtrlを離して矢印キーを押すことで、中途半端な量の文字も選択するという使い方をよくやります♪

このような1行より多いけど2行丸々ではない…とか、1行ー数文字を選択したい時にとても便利です!

10位のものと同じよう他と併用することで真価を発揮します!

12位 Alt+F4 閉じる

このショートカットでどんなアプリ、ウィンドウも閉じることができます。

皆さんは画面右上の×ボタンを押して閉じているのでしょうが、キーボードをよく使って仕事をしているときにはできる限りマウスに手を伸ばしたくないものです…。(少なくともボクは)

いつも何も気にせずに押している×ボタンかなとは思いますが、ここでも時短を考えてショートカットを考えてみませんか?

ここの時短も考えられるとかなり時短への意識が向いてきているのではないでしょうか??(いい傾向です♪)

覚え方は・・・ないです。ボクが父に教わり小学生のころから使っていたショートカットなので大人の皆さんなら覚えられます!きっと!

13位 Ctrl+Y やり直す

2位のCtrl+Zで元に戻しすぎた!!!!><

なんてことありませんか?このキーを使えば、簡単にやり直しができますよ♪

やり直し : 【Ctr + ”?”】最低限覚えておきたい”キーボード ...

14位 Ctrl+1 書式設定

実はこのショートカット。ボクも最近知って魅力を知り、使いまくっています。

どうしたらもっと速くできるかなの意識を持っていたことでネットで調べ、このショートカットにたどり着きました!

セルの書式設定

フォントや配置、表示形式、罫線などと、文書を整えるのに必要な要素をこのショートカットで一括で調整することができるため重宝しています♪

15位 Ctrl+O ファイルを開く

単純です。ファイルを開くのがとても楽になります。

人によってはよく使うショートカットで10位圏内になることもあるかと思います!

Excel 2013使い方辞典(エクセル 2013 使い方辞典/マイクロソフト ...

ここまでのクリック回数を考えるとショートカットが使えたほうがダントツよいですね!!

Openの「O」で覚えましょう!

16位 Shift(Ctrl)+Space 列選択、行選択[Excel]

1列すべて、1行すべてをまとめて選択するときにとっても便利♪

列番号(行番号)をマウスでクリックすればそれですむものではありますが、いちいちマウスへ手を動かすことすらわずらわしく思うボクは、このショートカットをマスターし、よく使うようになりました。

17位 Ctrl+ー(+) 選択範囲削除(挿入)[Excel]

Excelで範囲を選択している状態で、このショートカットを使うとまとめて削除や挿入ができます♪

まとめて消したいときや、行・列を追加したいときはよくあるかと思います!
16位の列選択と併用すると時短がはかどります^^

そんな時に右クリックを押して、セルの追加(削除)を選択して…とマウスを駆使するよりも、ショートカットを使うほうが何倍も速く操作することができます!

最初はなれないかもしれませんがれんしゅうして、使いこなせるようになりましょう!

18位 Windows+D デスクトップ表示

どれだけたくさんのアプリ、ウィンドウを開いていてもこのショートカットでデスクトップへ1発移動!

ただ、デスクトップへ移動した後は大抵マウスを使うことになるので、画面右下の「デスクトップを表示」をマウスで押すことも多いです…。

ただ、癖でこのショートカットを使うことは多いので試しに使ってみてください^^

19位 Alt  [Office]ショートカット表示

実は[Excel]等を使いまくっているときにはこのショートカット表示の使用頻度は3位くらいまで跳ね上がります。

ただし、PC作業全体として今回のランキングを作ったので19位となりました。

画像のようにAltを押すだけでショートカットの表示をできます。

あとは目的の操作まで表示どおりキーを押すだけでです♪

エクセル 入門 Alt(オルトキー)の便利な使い方

20位 Windows+↑↓ 最大化、最小化

人によってはすごい使えるショートカットです!

右上の最小化、最大化ボタンと同じ効果で、複数の作業をするときや、デスクトップへのデータ移動などですばやく最小化をするときによく使います♪

Windowsボタンはなかなか使う機会がなく、ショートカットがあったことを知らない方も多いかと思います。

これを機会にWindowsボタンの使い道を深く調べてみるのも面白いかもしれませんね!










20位までくると中々使う頻度が減ってきて、苦手な方は覚えるのがしんどくなってくるかもしれませんね…。

覚えたい!という気持ちがあるのであれば、まずは使ってみることから始めてみましょう!

30位までのショートカットも同じですが、自分の使う頻度を考えつつ取り入れてみてください♪

21位~30位

21位 Ctrl+H 置換

まとめて同じ文字を消したり、決まった文字に置き換えたりすることができる便利キー!

ただし中々使いどころが難しい…。それでも、知っておくと必要なときに使えてめちゃくちゃ効率的です♪

置換のショートカットキーは?-Ctrl+H:Office(オフィス)の使い方

覚え方は…思いつかなかったです><

22位 Ctrl+D 上のセルをコピーして表示[Excel]

Excelにて上のセルをそのまま下のセルに同じ内容を表示させたいときに使えます!

そしてよくやる使い方としては、1つのセルに表示した内容を下のいくつかのセルにそのままコピーしたいときに使います♪

「半自動時間割」の作り方でも使っています♪

画像47

左下の学習内容の横にある教科を表すときに使用しています。3/4くらいのページにあるのでぜひご覧ください^^

23位 Alt+↑↓ 一度入力した内容のリストを表示[Excel]

同じ列であれば、同じ内容をこのショートカットで簡単に入力することができます♪

画像のように、一度使われてた文字をそのままもう一度表示することができます!

24位 Ctrl+page up(page down) シート移動[Excel]

同じくExcelでシート移動をするときにめちゃくちゃ使えます♪

よく使う場面としては、セル内で「=Sheet1! B3」といった別シートを参照するときに、いちいちマウスを持ち帰るのが億劫で、このショートカットを覚えました!

PCのキーボードによっては、Page up が「Fn」(ファンクションキー)を押さないと使えないものもあるので表示をよく見てください!

25位 Win+PrtSc スクリーンショット

これを使うと現在PCで映っている画面がそのまま画像として保存されます!

ボクのようなPC画面をブログやtwiiterなどに活用する方はよく使うと思いますが、教員の皆様には使用率は低いかもしれません・・・。

それでも覚えていおいて損はないボタンですので、せめてPrtScがどんなボタンなのかくらいは覚えていただけるとうれしいです♪

26位 F12 名前をつけて保存

このショートカットキーを知っている方はこの順位周辺のものに比べたら知っている方が多いのかと思います。

しかし、ボクは基本的に1位のCtrl+Sの上書き保存で済ますことが多いので、使用頻度は低めです。

また、新しいデータを作る時点で先にデータをコピーしてから修正や更新を行うので、上書き保存だけで済んでしまいます♪

27位 Windows+Tab アプリやウィンドウの切り替え

アプリやウィンドウを素早く切り替えるのにとっても便利です♪

PCのバージョンによって変わりますが、画像のようにそれぞれの画面表示が現れます。

Tabキーを押すごとに一つずつ変わるので、目的のものを選んで複数のアプリを使いこなしましょう!

Tabキーはとても便利で、様々なところで活用できますのでぜひ調べてみてください!

28位 Shift+CapsLock Caps Lockの解除

PCのログイン画面でCapsLockがかかっています。と表示された片はいるはずです…。(いて欲しい。)

ボクが始めてこれに出会ったときは中々解決できなく大変でした。

CapsLockを解除するためには、Shiftと一緒に押しましょう!これですぐに解決です^^

29位 Windows+Ctrl+D 仮想デスクトップ

Windows10からの機能?なのかな?

Windows7では使えませんでした…。

これがとても便利!2,3つのアプリ、ウィンドウを見比べたい!だけど最小化してしまうとちょっと小さくて見えない…。

そんな時に仮想デスクトップを使いましょう♪

Windows 10 仮想デスクトップの使い方

マウス操作でもできますが、このショートカットを使えば、1秒で作ることができます!

仮想デスクトップを使えば、たくさんのアプリ、ウィンドウを開いて、素早く比較することができます!

30位 Ctrl+Alt+Delete タスクマネージャー表示

いよいよ最後です!

3つのキーを使うため難しく感じるかもしれませんが、小学生の頃のボクでも覚えられました!気合で覚えてください♪

画面が固まって動かない。PCのスタートアップアプリを停止したい時等々、PC動作に関わって設定したい時に使う機能です。

また、ログオフやPCアカウントのパスワード変更などの設定もできます。

まずは一度押してみてどのような画面がでることを試してみてください♪





まとめ

さぁ30位までランキングを公開しました!

知っているショートカットキーはありましたでしょうか?

PC操作を苦手と思っている方も使っているうちに必ず使えるようになります!

最初は何度も見なければ使えないかもしれませんが、数回挑戦してみるうちに少しずつ覚えて、自然と指が動くようになることでしょう♪

ボクもまだまだ覚えている最中です!皆さんがよく使うショートカットキーがあれば、コメントやTwitterなどでぜひ教えてください!

プロフィール
この記事を書いた人
さくさく先生

iPad活用×学びあいを実践する小学校教師です。
研修や本で得た知識、経験をもとに、自分なりにまとめています。
参考にしていただけたら嬉しいです♪

さくさく先生をフォローする
Excel
さくさく先生ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました